オンライン経営勉強会 マナビィーズmanaby.biz

このオンライン経営勉強会をスタートさせる発端はセミナー参加者からのひと言でした。
経営の本当を知りたい。そんなセミナーをやってほしい
その言葉を聞いて、わたしは返答しました。
「そうは言っても、世の中には経営を学ぶところはいくつもありますよ」
そうかもしれませんが、今のところ見つからないのです
「そうですか・・・どうしましょうか・・・やったほうがいいわけですよね」

あることを考えていたのですが、やるならすぐスタートさせる。
そう決めて10日後にはオンライン経営勉強会の募集を開始したのです。

オンライン経営勉強会マナビィーズ風景



何をそのとき考えていたのか。
それは、他のセミナーでやっている内容ならスタートさせる意味があまりないと思っていたのです。

他にあるコンテンツなら、やる必要はない。
やるなら独自性の内容で行う。

経営の本当を知りたい方に、経営の真実を理解してもらう。
それがこのマナビィーズの狙いです。

ただ、何も知らない段階で判断はできないでしょう。
それが普通です。

もし時間が許すのであれば、このページを最後まで読んで判断してください。
経営の本当を知ることができるのか。
経営のリアルを体感できるのか。
経営を本当に学ぶことができるのか。

最後まで読んで遠慮なく自由に評価していただければと思います。


ビジネスを知りたい
ビジネスを学びたい
ビジネスを極めたい
その欲求に真っ当に答えを出す場所
それが
オンライン経営勉強会 manaby.biz マナビィーズ

manaby:学び
biz:ビジネス

の名のとおり『経営の学び場』です
また『学び人』の複数形、コミュニティでもあります

seminar001


経営は、
情報収集→複眼思考→標準化→法則化→水平展開→実践
の繰り返しです。

それを学ぶことが経営へ近づきます。
しかし、ある原則が存在しています。

それは、
『成功談からは学ぶことができない』
という原則です。

どういうことか。

人は
『失敗談から学ぶことができる』
のです。
失敗事例からしか学ぶことができない、と言い換えることもできるでしょう。

ただ、失敗談は表に出てくることが少ない。
書籍を見ればわかります。
経営ジャンルの書籍はほとんどが成功談。

「わたしはこのように成功した」
といった内容ばかりなのです。
いわゆる、成功事例ばかり売れるのが現実。

「こうして失敗した」という書籍は少ないのが現実なのです。
それは、失敗談を語る人が少ない、失敗談の書籍が売れないのが要因です。

経営の失敗談は金銭の損失が発生しており、勉強代を支払ってその方が体験した内容です。
そのため失敗談を教えてくれる人は稀有な存在でしょう。

だから経営の失敗談や失敗事例は表に出ることもなく語られることもないのです。

経営のリアルな話とは失敗談であり失敗事例。
失敗事例を知りたいと思っても情報が手に入らない。

経営のリアルを知りたいと思う人が出てくる背景がここにあるのです。

経営のリアルを知りたい人に経営情報をお伝えする場。
それがマナビィーズです。

毎月1〜2回のセミナーでお伝えするつもりでした。
しかし、それでは足りない。
平日月曜日から金曜日までは毎日情報をお伝えするコンテンツにしたのです。

リアルな経営情報に毎日接することで経営脳が鍛えられる。
経営脳になっていく。
それが目的です。

経営のリスクも知りながら、経営の失敗事例を糧に継続できる経営をつくりあげる。
継続経営が最終目標です。

マナビィーズに加入すると下記コンテンツが受けられます

毎月開催されるセミナー(勉強会)への参加


 →松本考動倶楽部:毎月1回開催 90分 オンラインZoom同時開催(リアル開催時は参加可能)
  8年以上続く老舗勉強会
  fjコンサルタンツ藤原毅芳が登壇してから7年間が経とうとしています
  過去の80回以上講義した演題は下記からご確認ください
  https://manaby.biz/index.php/matsumoto-kodo-club/
  ビジネスの最先端情報、最先端分野、新しいビジネスキーワードの解説が中心です

松本考動倶楽部スライド一覧
松本考動倶楽部 講義1回分のスライド量:例



 →松本起業塾:毎月1回開催 90分 オンラインZoom同時開催(リアル開催時は参加可能)
  https://www.value-press.com/pressrelease/262763
  2020年からスタートした松本起業塾
  起業するときに何が大切なのか、何から実施すればいいのかわからない
  という要望からスタートした企画です
  理論に基づいた再現性のある内容をお伝えし継続できる経営を実現へ導きます

松本起業塾スライド一覧
松本起業塾 講義1回分のスライド量:例


  
 (上記 松本考動倶楽部、松本起業塾は長野県松本市でリアル開催します)
  注:コロナ禍においてはオンライン開催のみになる場合がございます

松本考動倶楽部


上記セミナー、松本考動倶楽部・松本起業塾の録画視聴(見逃し視聴:1回分)
 →開催数日後に録画がアップロードされます
  約1ヶ月間視聴可能です
 (次の録画がアップされると前回分は消去されます)

松本考動倶楽部
松本起業塾


平日 毎日投稿されるビジネスコンテンツ(マナビィーズ専用コンテンツ)
 →1記事600文字〜800文字程度
 →主に『ビジネスモデル事例』解説
 →週末は不定期でビジネスツール、習得スキルの解説

マナビィーズ専用コンテンツ



会員コミュニティ内で経営・ビジネスについて質問が可能です
 →公開コンサルティング

⑤他にも会員限定のセミナーを随時開催予定

ショートカットはできない。しかし最短距離はある
を命題として取り組む相互支援の経営コミュニティを目指します

提供する理論・法則は複数ありますが、すべて『再現性』にこだわっています
・できないことはアドバイスしない
・実践したことのない内容は口にしない
・再現性のない内容は語らない

をコンセプトにしています。

過去に松本考動倶楽部に参加いただいたことがある方は
下記図表でマナビィーズの内容を整理できると思います

マナビィーズ_リーフレット

講師について:Profile

藤原毅芳

藤原 毅芳 fujiwara takeyoshi

経営コンサルタント
fjコンサルタンツ主宰
一般社団法人 暮らし振興支援機構 理事
その他 複数の企業で社外取締役
単著8冊(他に監修1冊、海外出版1冊)計10冊

経営理念【この世に残るべき企業を支援する
コンセプト【経営に関して“できない”を“できる”にする

全国の企業を飛び回り業種を問わず60以上の業種をコンサルティング
社外取締役として数社の経営の現場にも直接携わり経営革新を軸にした業績アップで高い評価を得ており、支援したクライアントの記録は100万文字を超えている

10年前に情報収集のためにはじめた年間365回更新 経営情報ブログは( http://www.businesscreation.jp 「人を変え組織を動かす 経営の優先順位」)
10年超4,400投稿以上(180万文字超)となっており情報収集と情報発信については注目を集めている

出張による累計搭乗回数は600回超、累計移動距離60万km超(国内移動のみで)となり、面談した経営者、トップセールスマン、クライアントの数は2万人超

経営戦略、営業戦略、マーケティング戦略で結果を出すことは当たり前としながら、創業50年100年といった歴史あるクライアントにおいても過去最高の実績を実現している

fjコンサルタンツ公式サイト https://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

詳細なプロフィールは下記からご覧ください
https://businesscreation.jp/profile/

松本起業塾

マナビィーズへの参加手続きについて


①マナビィーズについてご質問がある方、詳細な説明がほしい方は
 https://www.facebook.com/fujiwaratakeyoshi.jp
 から『マナビィーズについて』と記入してお問い合わせください

②マナビィーズ会員申し込みされる方は下記クレジットカード決済サイトから決済してください
(初月は申し込んだ日に決済されます。翌月からは25日決済になります:継続決済になります)
(途中退会はいつでも可能です。興味のある方は1ヶ月間入会してみてください)

 →決済後に会員グループへの参加案内を送付いたします
  会員グループはfacebookグループで運用中です
  グループ内で平日は毎日専用コンテンツが配信されます
  セミナー開催時にはオンラインZoomURLを告知
  セミナー開催数日後にはグループ内に録画がアップロードされます
  コメント、質問もグループ内で何回でも可能です

申込み クレジットカード決済ページ
https://ticket.tsuku2.jp/m/eventsDetail.php?ecd=10712102012320

↓このQRコードもマナビィーズ会員申込みクレジットカード決済ページへリンクしています。
ご利用ください

松本起業塾

運営について

運営につきましては、fjコンサルタンツを主軸として複数のパートナーと
行っております
セミナーに関しても、それぞれのセミナー開催の担当者がおりますのでご連絡ください
<連絡先>
https://www.facebook.com/fujiwaratakeyoshi.jp

取材などのご依頼は下記からお問い合わせください
https://www.fujiwaratakeyoshi.jp/contact/lecture/